翌日には夢が叶いました!

夢は見るものではなく叶えるもの

この言葉めっちゃ好きです。

金魚鉢に水入れてメダカ買うことを妄想して楽しんでいたんですが、その翌日には、もうメダカが中に入っていました。夢・速攻で叶う♪

メダカ&水草以外は全て100円均一!
えっと・・・衝動は止めれないから衝動って言うんですよね?
とにかく飼い方とかよくわかってませんので、これから調べつつ、実験しつつで、小学生の自由研究みたいな日記がしばらく続くかと思います。お気に召す方だけ、ここで一緒に遊んでやってください。

100円均一で、夢の道具が揃う


さて、なんでメダカ?と言いますと。とにかく簡単そうだから!
♪あの日あの時あの場所で~♪100均ショップで、この金魚鉢と、敷き石に出会ってから、中にメダカ入れたら可愛いインテリアになるんちゃうのん?とピンと来たんです。いや(´▽`*)ピンと来たっていうか、そこにはメダカの餌まで売ってましたからね、今時の100均は百貨店並の品揃えです!

それに、ずっとビオトープもしたいと思ってたんですよねー。
ビオトープってなんぞや?って人に大辞林 第三版の解説を引用します。

ビオトープ【Biotop】って何?

動物や植物が※恒常的に生活できるように造成または復元された小規模な生息空間。公園の造成・河川の整備などに取り入れられる。 〔ギリシャ語で生物(bios)と場所(topos)を示す造語〕
はい!※ここ注目~~~。
恒常的にって、永遠に?生活できんの?
まぁそこまではいきませんが、少なからずとも、手間はなさそう。
私の理解では、必要最低限の生態系が箱庭化された中でお互いに助け合い、多少放置しても、自然の摂理に従ってなんとか生き伸びてくれんかなと思っています。

うん!これなら私でも飼える!(多分しばらくは死なない!)

翌日おでかけついでにペットショップへ足を運びますと、メダカにも色々種類があることがわかりました。青メダカに白メダカに赤いメダカ。ほー。赤いの可愛い♪
これならミニチュアの金魚みたいになりそうだ~。

夢の中身は意外と高かった・・・

まずは店主に相談

「以前、熱帯魚買ってて大変だったので、今度はビオトープ的な物をしたいと思っていて、メダカとかどうかな?って思うんですけど・・・容器はこんなサイズでカクカクしかじか」

店主「そのサイズじゃメダカ2~3匹だな。水草はこれ。ほれ。」

手に取って見せてくれた水草の名を聞くと「なんちゃらナナ」と「なんちゃら」の2種類セットで900円。水草については、ちんぷんかんぷんですので、これが高いのか安いのかもわかりませんが、100均の金魚鉢には贅沢な品物・・・

なんちゃらナナは増えるし、ヒーターいらんし初心者でも飼いやすいとのこと。見た目も可愛かったので決定。赤いメダカは楊貴妃メダカという名称で、これまた初心者でも飼いやすいということ。一匹300円×3匹=900円。メダカ如きでそんなにするのか・・・
思わず、店主に「水槽のお掃除用に、たにしかなんかオマケにつけといて!」と交渉したら、石巻貝らしきものを一匹無料で入れて貰えました。

こうして合計1,800円の生き物たちが100均の容器に収まることになりました。(笑)


0 件のコメント :

コメントを投稿