ダイソンを越えた?驚愕のバキューム力!

水槽の底の方でゆらゆらとい白い化身となっていたの大和沼エビ。
慌てて救出を試みたところ、実は!なんと脱皮していた!という前回の落ちは、初心者あるあるなのでしょうか?わたしは最初、マジでびっくりしました。

前回記事はこちら→ おらは信じまっただー

こやつが水槽のコケ取り・メダカの餌の食べ残しをお掃除して、しっかり体が成長してきたので「おら、ちょっち衣が窮屈になったので脱皮しちゃったのよん!」と言うのであれば、感謝すべき存在なのですが・・・

前回、死んだ?と騙された、エビの脱皮姿

やっぱりその動きは、まだ好きになれません(爆)

それに、水槽を窓辺に移してからというもの、コケの発生速度が高まっています。うーむ。どうやら、大和沼エビのお掃除の得意場所は、水底と水草のところだけっぽい。
ガラス側面は必死で走り回ろうとしても、足が細すぎるせいか、つるつると空回りしてましたからね・・・

イマイチ役に立たん・・・そう判断した私はやつを首に・・・は、せず、新しい仲間を迎え入れることにしました!
その名は!姫タニシ!そして脅威のお掃除力!じゃじゃーん。

ほら見事でしょ?

家のお掃除じゃぁないけれど、普通に床掃除用と、窓のサッシや溝など、形に合わせて掃除機の吸い口を使い分けるって感じでしょうか。壁に張り付いて、バキュームみたいにコケを綺麗に吸い尽くすタイプの、頼もしい存在が仲間入りです。

それにしても、この姫タニシ!たった100円!なのにコスパ良しの大・吸引力!
ありがたやー。しかし、この子の食べっぷりを見ていると・・・
どうやら最初に飼ってすぐに死なせてしまった、石巻貝の死因は、餓死?という思いがさらに強まってきました。最初の頃は、まだコケが全然ありませんでしたからね。

ショップの人に聞くと、水槽の状態によっては、貝やエビにも、プレコとかシュリンプ用の餌を専用であげないとダメとのこと。

えー・・・そーなのー?贅沢~~~。

・・・こうして少しずつですが、トライ&エラーを繰り返しながら飼育を楽しんでいます。


人気ブログランキング
こんな私の元で育つ彼らを応援してね!


0 件のコメント :

コメントを投稿